MENU

腰の痛み

腰の痛み

このような
お悩みはありませんか?

  • 突然腰が痛み出した
  • 腰が重だるい
  • 腰や足が痛む・痺れる
  • 長距離を歩くと痛みや痺れる

など

腰の痛みは、思いがけないタイミングで起こるものです。
場合によっては起き上がれないような重篤な症状になることもあるため、少しでも違和感がある場合にはすぐ受診しましょう。

当クリニックでは、腰痛に対する治療の経験も豊富です。
ぜひお気軽にご相談ください。

腰の痛みの原因

腰の痛みは、次のような原因に分けられます。

  1. 筋肉の炎症が刺激による痛み
  2. 内臓疾患による痛み
  3. 神経の障害による痛み

上記については、運動不足や筋力不足、過度な運動、長時間同じ姿勢で過ごしていること、さらには加齢や外傷などによって痛みが起こります。
その原因は実に様々であるため、原因究明のためにも早めに受診するようにしましょう。

腰の痛みを引き起こす代表的な疾患

ぎっくり腰

ぎっくり腰は、「急性腰痛症」とも言われます。
全く予期していない状況で急激な痛みが起こり、動くことすらできなくなります。

原因としては、前かがみな姿勢や腰の筋肉疲労、無理な体勢で腰を捻る、重いものを急に持ち上げたりする動作などが挙げられます。

主な症状

  • 少しでも動かすと腰に強い痛みが走る
  • くしゃみや咳をすると痛む
  • 痛みが急激に強くなる

など

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管等神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されることで痛みや痺れなどの症状が現れるものです。
神経が圧迫される原因の多くは、椎間板や人体などの組織が老化によって変化してしまうものであり、50〜80代の肩に多く見られます。

主な症状

  • 臀部や足が痛む・痺れる
  • 足先が冷たくなる
  • しばらく歩くと足が痺れたり、こわばりによって歩行が難しくなる

など

腰椎変性すべり症

腰椎が安定性を失って前後にずれてしまうことで、神経を圧迫して痛みや痺れなどの症状を引き起こします。
原因は不明ですが、加齢が影響していると言われています。

主な症状

  • 腰が痛む、痺れる
  • 足が痛む、痺れる、重だるい
  • 長距離を歩くと足から臀部にかけて痛みなどが出る

など

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板という、腰椎と腰椎の間でクッションをしている部分に変化や外傷などによる力が加わり、組織が外に飛び出してしまうものです。
中高年に多く見られます。

こんなことで
お悩みではありませんか?

  • 腰が痛い(ひねるなどしても痛む)
  • 下半身全体が痛む・痺れる
  • 尿意がわからない、肛門周囲の感覚がなくなった

など

0929405050 page top