MENU

骨粗鬆症

骨粗鬆症とは

骨粗鬆症

骨粗鬆症は、近年よく聞かれる病気になりました。
どういった病気なのか、簡単に解説したいと思います。

骨がもろくなり骨折しやすくなります

加齢や生活習慣、ホルモンバランスなどの変化によって骨密度が低下して、骨が脆くなります。
これまでには折れることのないような転倒でも骨折してしまいます。

女性に多く見られますが、特に50代を過ぎた女性は女性ホルモンの変化によってなりやすいと言われています。

寝たきりの原因となる

骨粗鬆症は、骨の強度が低下して起こるものなので、ご高齢の方が骨折して長期間の安静状態となった場合、そのまま寝たきりになってしまうケースがあります。
特に、大腿骨の骨折は要注意であるため、早めにリスクに備えておく必要があります。

骨粗鬆症の治療

骨量の増加が大切

食事や運動によって、カルシウムや運動、日光浴などによって骨量の減少を抑えます。
生活習慣を改善するだけでも治療することにつながります。

進行状況によっては治療を行います

骨粗鬆症の進行状況によっては、注射やお薬を使用します。
骨の栄養になるものや骨形成を促進するものを使用するため、患者さまによって最適なものを見極めてご提案します。

0929405050 page top