MENU

股関節の痛み

股関節の痛み

このような
お悩みはありませんか?

  • 立ち上がるときや歩くときに股関節が痛む
  • 股関節が曲げにくい(曲がらない)
  • 左右で足の長さが違う
  • あぐらを組むと股関節が痛む

など

こういった症状がある方は、早めに当クリニックまでご相談ください。
長時間歩くことや日常生活に影響を及ぼす可能性がある股関節ですから、早めに対処するようにしましょう。

股関節の痛みの原因

股関節は、体の中で最も大きな関節と言われています。
体重を支える、立つ、歩くといった日常的な動作を行う上で重要な役割を果たしているため、使いすぎや外傷、先天的な疾患などによって受ける影響はとても大きいものがあります。

なお、関節以外の部位の疾患によって股関節に影響が出ることがあるため、注意が必要です。

股関節の痛みを引き起こす代表的な疾患

変形性股関節症

股関節の軟骨がすり減り、変形することで痛みが生じます。
加齢による変化が原因と言われていますが、先天性の「初育成股関節形成不全」によるものが多いようです。

主な症状

  • 立ち上がりや歩きはじめに痛む
  • 股関節が曲げにくい
  • 長時間歩くと股関節周辺に違和感を感じる

など

大腿骨頭壊死

股関節骨折や脱臼に続いて発生すると言われている症状で、糖尿病や腎臓病、アルコール依存症や痛風といったことが引き金になったり、ステロイドの長期間使用によって起こるケースもあります。

主な症状

  • 股関節が痛む
  • 臀部から下肢にかけて痛みがある
  • 股関節の前方部分が痛む

など

単純性股関節炎

お子さまの股関節や膝に突然痛みが起こり、歩けなくなったり痛みのために足を引っ張って歩くようになる症状です。
風邪を引いた後などに起こりやすいようですが、原因は不明です。

ほとんどの場合、安静にしていれば1週間から10日で自然に治ると言われています。

主な症状

  • 膝や股関節が痛む
  • 痛みのために足をひきづりながら歩く

など

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)

股関節に明確な疾患等がないものの、運動時に鼠径部周辺に痛みなどが生じるものです。
サッカー選手によく見られるもので、一度発症すると慢性化しやすいので注意しましょう。

主な症状

  • ボールを蹴ると下腹部から鼠径部にかけて痛む
  • 走っているときに股関節に痛みがある
  • 歩くだけでも痛い

など

0929405050 page top