MENU

医師紹介

院長紹介

ご挨拶

院長 高山純一(たかやま じゅんいち)

初めまして。
たかやま整形外科クリニック院長の高山です。

私は、勤務医として数多くの患者さまと接してきました。
様々なケースを経験することで、一人でも多くの方の健康をサポートしたいという思いから、現在に至っています。

整形外科に関するお悩みは、性別や年齢に関係なく起こるものです。
しかも、ご自身が思いがけないタイミングで起こることもあり、生活に支障をきたしてしまうことは珍しくありません。

少しでも違和感を感じる方、「ちょっと痛いけれど、時間が経てば治るだろう」と放置してしまっている方は、少しでも早く整形外科を受診することをオススメしています。
取り返しのつかないことになる前に、しっかり治療して健康的な生活を送りましょう。

当クリニックでは、スポーツやクラブ活動に関するトラブルから交通事故、ご高齢の方特有のお悩みまでしっかりサポートさせていただきます。
まずは、お気軽にご相談ください。

院長 高山純一(たかやま じゅんいち)

経歴

平成10年久留米大学整形外科学教室入局
平成11年大牟田市立総合病院
平成12年高木病院
平成13年済生会日田病院
平成14年公立八女総合病院
平成16年聖マリア病院
平成18年門司労災病院
平成19年済生会日田病院
平成20年戸畑共立病院
平成23年慈恵曽根病院
平成27年たかやま整形外科クリニック 開院

ドクターズインタビュー

福岡県新宮町にある「たかやま整形外科クリニック」は、整形外科治療に関する数多くの経験を積んできた院長による治療に定評のあるクリニックです。
老若男女関係なく、多くの方が抱えるであろう整形外科に関する病気や治療、先生が医師になったきっかけに至るまでをお聞きしました。

親の背中を見て志した医師の道
スポーツ外傷に強みを持つドクター

先生が医師を目指されたきっかけを
教えてください

先生が医師を目指されたきっかけを教えてください

私の親が内科医をやっていました。
開業しているわけではありませんでしたが、幼い頃からその姿に憧れていましたね。
整形外科は、実際に医学部で学ぶようになってから外傷(スポーツや部活動などの怪我など)に興味を持つようになって目指したのですが、一番大きなきっかけとしては、私自身がラグビー部にいたことから、身近に大きな怪我や危険な怪我をしてしまう人がいて、その人たちが「どういう経過で治っていくんだろう」と思ったことです。

いろいろな専門性が
あると思うのですが、
先生は外傷がご専門ですよね?

そうですね、先ほどもお伝えしたことが外傷に興味を持った理由ではあったのですが、さらにその専門性を高めることになったのは、勤務医として救急病院などでの経験を積んだことでした。
交通事故やスポーツ外傷などで運ばれて来られるケースが多く、いろいろな患者さまの治療をしてきましたが、特にスポーツ外傷が私の強みですね。

とにかく丁寧に伝えること
治療は患者さまに前向きに
なっていただきたい

先生が診療時に大切にしていることは
なんですか?

先生が診療時に大切にしていることはなんですか?

とにかく、患者さまへの説明を丁寧に行うことですね。
患者さまの現状がどうなっているのか、そして今後はどうなっていくのかをお伝えすることで、患者さまに安心していただければと思っています。

これまでの病院では、丁寧な説明ということがあまり重要視されておらず、「流れ」で治療が進んでいるような感じがありましたが、患者さまにしっかり丁寧な説明を行い、ご理解いただいた上で治療を進められるかどうかで、患者さまとの信頼関係や今後の治療にも大きく関わると思います。

なるほど、患者さまとしても
それは安心ですよね

そうですね。
それに、ただ安心していただくだけでなく、患者さまに積極的に治療に協力していただくことで、より良い回復も見込めます。

整形外科の治療は、リバビリなどを伴います。
そのため、患者さまに前向きに挑戦していただくことや頑張っていただくことも多々あるのです。
ですから、患者さまとの信頼関係を作りつつ、協力して治療が進めていけるようにしたいと考えています。

季節によって症状が
現れることもある
違和感を感じたら少しでも早く
相談してほしい

先生のところに来られる患者さまの
傾向などはありますか?

先生のところに来られる患者さまの傾向などはありますか?

当院は、老若男女多くの方が来られます。
その分ケースも様々なのですが、ある特定の病気や症状が多いと感じることはあまりないです。
実は、整形外科に関する病気は季節によって変わることが多々あります。

例えば、春や夏はみんなが活動的になりますからスポーツなどの怪我が増えてきますし、逆に寒くなってくると働き盛りの方の腰痛やご高齢の方の膝の痛みなどが多くなってくるようですね。

これから受診を検討されている方へ
メッセージをお願いします

緊急の怪我や慢性的な痛み・違和感などでお越しいただくことはもちろんのことですが、お子さまの場合であれば、親御さん目線で「何かおかしいな」と思うことがあれば、遠慮なく受診していただきたいですね。
一度見させていただいた上で、違う専門的な治療が必要と判断すればそのアドバイスをさせていただくことが可能です。

まずは、「病院に行くほどでもないかな?」と心配なときは受診するようにしていただきたいと思います。

0929405050 page top