MENU

背中の痛み

背中の痛み

このような
お悩みはありませんか?

  • 背中が強く痛む
  • 背中が痺れているように感じる
  • 起き上がるときに痛みが出る
  • 急に原因不明の痛みがある

など

こういった症状がある時は、当クリニックまでご相談ください。
背中の痛みの原因や症状には様々なものがあり、放置すると重症化する恐れもありますので注意が必要です。

背中の痛みの原因

背中の痛みは、過度の運動や運動不足、筋力不足、長時間同じ姿勢によって血行が悪くなることなどが原因と言われています。
ただし、心筋梗塞や尿路結石、膵臓がんや肝臓がんなどの命に関わるような病気も背中に痛みを起こすケースがあるため、「ちょっと置いておけば治るだろう」という考えではなく、早めに受診するようにしましょう。

背中の痛みを引き起こす代表的な疾患

脊椎圧迫骨折

脊椎圧迫骨折は、上下方向から背骨に力が加わって骨折してしまいます。
正常な骨であれば骨折しないようなところでも、転倒や尻餅、骨粗鬆症の方で体の重みを支えきれずに骨が潰れてしまうケースもあります。

主な症状

  • 腰の痛みがひどくて動けない
  • 背中が強く痛む
  • 背中が丸まってきている

など

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎には7つあると言われており、その間をつなぐクッションが椎間板です。
この椎間板が加齢によって変性を起こしたり、悪い姿勢などが続くことで負担をかけ、ヘルニアになります。

頚椎椎間板ヘルニアになると、手足の痺れや肩甲骨から背中にかけても痛みが出ます。

主な症状

  • 背中や肩甲骨周辺が痛む
  • 手が痛む、痺れる
  • 足が強張る

など

側弯症

背骨が左右に湾曲した状態で、背骨自体にねじれを伴うことがあります。
お子さまによく見られますが、先天性のもの、他の疾患が原因であるもの、原因不明のケースがあります。

主な症状

  • 肩の高さやウエストラインが非対称
  • 背中や腰に痛みがある
  • 胸郭が変形してしまう(肺活量減少、息切れ)

など

後縦靱帯骨化症・黄色靭帯骨化症

脊髄の前方に「後縦靱帯」という部分がありますが、それが分厚くなり骨のように硬くなるのが「後縦靱帯骨化症」です。
また、脊髄の前方には「黄色靭帯」というものもあり、そこも骨のようになると「黄色靭帯骨化症」となります。

両方とも原因は不明ですが、骨化した部分が脊髄を圧迫し、背中の痛みやハリ、下半身の痺れなどを起こします。

主な症状

  • 背中が痛む、ハリがある
  • 下半身が痺れる

など

0929405050 page top