MENU

上肢(腕)の痛み・
手・肘の痛み

上肢(腕)の痛み・手・肘の痛み

このような
お悩みはありませんか?

  • 指の動きが悪くなり、ものを握ることが難しい
  • 親指の付け根に熱感や痛みがある
  • ビンやペットボトルのフタを開けるときに痛む
  • 指が痺れることが多い
  • タオルを絞るときに肘が痛い

など

上腕や手、肘の痛みは多くの方が悩んでおられます。
些細な痛みや不調でも、重症化すると大変なことになりますので、早めに受診するようにしましょう。

当クリニックでも、上記のような症状等への対応経験がございますので、まずは気軽にお越し下さい。

痛みの原因

上腕、肘や手の痛みは、日常生活によって神経に炎症が起こったり長時間の作業やスポーツによって負担がかかることが原因として多く挙げられます。
家事、パソコン作業をはじめとして私たちの生活には「痛みやすい原因」が溢れています。

痛みを引き起こす代表的な疾患

へバーデン結節

手指の第一関節が変形してしまう疾患です。
原因は不明ですが、40代以降の女性に多く発症し、指をよく使う人がなりやすいようです。

主な症状

  • 人差し指から小指にかけて、第一関節が赤く腫れたり曲がることがある
  • 指の動きが悪くなり、強く握れない
  • 痛みがある

など

母指CM関節症

この症状は、母指CM関節という親指の付け根の関節に起こるものです。
手の使いすぎや加齢などによって骨同士がぶつかり、炎症が起こります。

痛みや動きが悪くなることで、亜脱臼状態になったり関節が変形してしまうこともあります。

主な症状

  • 親指の動きが悪くなったり変形する
  • 関節が腫れたり圧迫されたような痛みがある
  • 指に痺れがある

など

腱鞘炎

腱鞘炎は、指や手首を使いすぎると、腱と腱鞘が擦れあう部分が炎症を起こし痛みや熱感を伴う状態になります。
腱鞘炎には、手首付近が痛む「ドケルバン病」と指の腱が引っかかり曲げ伸ばしができなくなる「ばね指」があります。

主な症状(ドケルバン病)

  • 手首の親指側が痛む
  • 手首を使う動作で痛みが出る
  • 炎症が起こっている部分に近い関節が動かしにくくなり、痛む

など

主な症状(ばね指)

  • 指がピンと伸びた状態になり、悪化すると曲がらなくなる
  • 指を曲げようとすると腱が引っかかり、伸ばすことができない
  • 親指だけでなく、中指や薬指に症状が出る

など

手根管症候群

手にとって最も重要な神経(正中神経)に様々な症状が起こることです。
前腕を動かす、手首を曲げる、指を曲げる、親指の付け根に支障があるといった症状が見られますが、原因は不明であり、女性ホルモンの乱れによる突発性と、手を酷使することによって肩に発生する滑膜炎と呼ばれる症状が主なものです。

主な症状

  • 夜間や明け方に痛みや痺れが強くなる
  • 手を振ったり指の曲げ伸ばしをすると楽になる
  • 親指と人差し指で綺麗な丸が作れない

など

0929405050 page top